みなとみらいキャンパス

経営学部の
新たな取り組み

世界はボーダレス、グローバル化の時代を迎えています。多くの⽇本企業も世界への展開を進める中、ビジネスの現場で求められているのは、経営の知識に加え、国際感覚や⽂化の違いなどをふまえた柔軟な思考で問題を発⾒し解決していく能⼒と、時代の変化を先取りするマネジメント感覚です。

変化の時代に先立ち、新たに誕⽣するみなとみらいキャンパスへの移転に合わせて、経営学部も新しくなります。

従来からの「なりたい自分」に合わせて科目を選択できる「キャリア・ショップシステム」をバージョンアップするとともに、3つの特色あるプログラムが新しく始動します。きめ細やかな少人数ゼミでは、仲間と国際経営の学びを深め、さまざまなコンテストで実績を積みながら、よりリアルな経営学の理論とそのスキルを養います。

経営学部は、「国際」×「経営」で、グローバルな視野とマネジメントに必要な知識を身につけ、国内外を問わず幅広いフィールドで活躍するビジネスパーソンを育成します。

経営学部の学びの特色

1.

学び方の自由度は無限大。「キャリア・ショップシステム」で科目を選ぶ

学生一人ひとりの「なりたい自分」(キャリアプラン)にあわせて、必要な科目を効率的に履修できる国際経営学部独自の学びのスタイル「キャリア・ショップシステム」。5つの専門科目群からなるショップを組み合わせて学修する仕組みです。

2.

3つの新プログラムが始動、実践的学びのフィールドはみなとみらいから海外まで

2021年春から新しくスタートする「経営学部の特色あるプログラム」(特プロ)では、3つのプログラムが用意されています(マネジメント体験プログラム・国際ビジネスコミュニケーションプログラム・Xビジネスプログラム)。新たな時代のビジネスに挑戦する知識・スキル、そしてセンスを経営学部独自のプログラムで磨いていきます。

3.

全学年に必修の少人数ゼミ。きめ細やかな学びが特徴です

ゼミ(ゼミナール)とは、専門的なテーマに取り組む少人数授業のこと。経営学部では、1年次から4年次まで各学年に必修ゼミを設置し、それぞれのテーマについて、ゼミの仲間や教員と討論を重ねながら学びを深く突き詰めていきます。ゼミでの成果は、インターゼミナール大会やビジネスプランコンテストなどで発揮されます。

4.

日本の大学で初。「ファブラボ」で学生と市民が交流しながらクリエイティブなものづくり。

ファブラボとは、デジタルからアナログまでの多様な工作機械を備えた市民工房です。これを日本で初めて大学に設置しました。個人による自由なものづくりの可能性を拡げ、「自分たちの使うものを、使う人自身がつくる文化」を醸成することを経営学部から発信します。

経営学部の特色あるプログラム群

キャリアショップ科目で学んだ知識を使って、現代ビジネス社会の諸問題を発見し、解決していくスキルを身につけたい学生に向けて、3つのプログラムを用意しました。キャリアショップ科目と同時に履修することで、自分のキャリア形成に合わせたより実践的な知識・スキルを⾝につけることができるプログラムが揃っています。

1

企業・社会の課題を創造的に解決するスキル・考え方を学ぶ

X-Business(エクス・ビジネス)プログラム

デザイン、文化、テクノロジー、経営を横断的に学び、創造的に物事を解決するスキル・考え方を学ぶ先進的なプログラムです。プログラム名のXには分野横断的に考える姿勢(X:クロス)、経営学の領域を超えていく(eXceed)などの挑戦的な意味が含まれています。

2

将来国際的に活躍したい皆さんへ

国際ビジネスコミュニケーション(IBC)プログラム

国際的な活躍をするには語学力が足りないとあきらめていませんか?

IBCプログラムは途中に留学を組み入れ、4年間かけて平易なレベルから段階的に英語を使って国際社会や国際ビジネスについて学ぶことにより、英語力に加えてこれからのグローバル社会を生き抜くための批判的・創造的思考力、問題解決能力、様々な場面でのコミュニケーション能力をしっかりと身につけるプログラムです。

3

新しいビジネスの発想からまちづくりまで、「体験」からマネジメントを学ぶ

マネジメント体験プログラム

マネジメントに関する諸問題に対して、解決策を導き出すプロセスを段階的、かつ体験的に実践のなかから学びます。企業や団体の課題に実践的にアプローチすることになるので、実際のマネジメントの面白さと難しさの双方を体験の中から理解することになるでしょう。なおこのプログラムを修了した学生には「修了証」を付与します。

経営学部独⾃の2つの留学制度

BSAP(ビジネス スタディ アブロード プログラム)-マレーシアへの⻑期留学プログラム

BSAPとは、Business Study Abroad Programmeの略称。近年めざましい経済発展を遂げるマレーシアで、語学はもちろん経営学を英語で学ぶ1年間の⻑期留学プログラムを国際経営学部独自に開講しています。

グロールな⼈材が各国から集まり、アジア新興国のダイナミズムを肌で感じることができるマレーシア。現地ではインターンシップのチャンスもあり、多⺠族社会の中で真の国際感覚も⾝につきます。

留学先での授業料も免除され、派遣期間を含め4年間で卒業が可能です。

留学先イメージ画像
留学先イメージ画像
留学先イメージ画像

SAプログラム/ SAプラス・プログラム(短期留学プログラム)

SA(Study Abroad)は、夏季あるいは春季の休暇を利用し、提携を結ぶ世界9カ国10大学のいずれかへ約1カ月間留学して、その国の文化や生活を体験的に学びます。さらに、SAプラス・プログラムは、2週間のインターンシップに参加できるプラスαのチャンスがあります。

留学先

  • カンザス⼤学(アメリカ)
  • ノースウェスト⼤学(アメリカ)
  • ビクトリア⼤学(カナダ)
  • クイーンズランド⼯科⼤学(オーストラリア)
  • グロスターシャー⼤学(イギリス)
  • リヨン・カトリック⼤学(フランス)
  • ウィーン⼤学(オーストリア)
  • メキシコ国際⼤学(メキシコ)
  • 北京師範⼤学(中国)
  • 東⻄⼤学校(韓国)
留学先イメージ画像
留学先イメージ画像
留学先イメージ画像